6月11-12日に開催された第75回東京都中学校地域別(多摩西部)陸上競技大会に中学生陸上競技部が出場し、7年上総組の飯塚蒼士くんと8年アトラス組の田中万玲子さんが都大会に進出しました。

2022.06.20

玉川学園陸上競技部に所属する7年上総組の飯塚蒼士くんが1年100mと1年走幅跳の両種目で優勝しましました。都大会予選で2種目優勝は玉川学園陸上競技部初であり、都大会での活躍が期待されます。また8年アトラス組の田中万玲子さんは四種競技(100H、走高跳、砲丸投、200m)に出場し、総合5位、2017点を獲得しました。四種競技は二日間で取り組む中学生には体力と技術を必要とする競技ですが、4種目中3種目で自己ベストを更新し、都大会出場を決めました。
7月9-10日に総合体育大会、23-24日に通信大会が開催されます。関東大会を目指して取り組んでいきます。今後とも応援よろしくお願いします。