7月23日、24日に開催された第68回全日本通信陸上競技東京都大会に7年上総組の飯塚蒼士くんと8年アトラス組の田中万玲子さんが出場しました。

2022.07.26

玉川学園陸上競技部に所属する7年上総組の飯塚蒼士くんが1年100mと1年走幅跳の両種目に通信大会(都大会)に出場し、1年100mでは準決勝に進出しました。また、走幅跳では5m22の自己ベストで東京都総合4位に入賞しました。8年アトラス組の田中万玲子さんは四種競技(100H、走高跳、砲丸投、200m)と2年100mに出場しました。四種競技では走高跳、砲丸投で自己ベストを更新することが出来ました。また100mでは準決勝まで進出することが出来ました。
残念ながら関東大会には出場できませんでしたが、選手たちはよく頑張り、夏の大会に向けて新たな目標を持って取り組んでいきます。今後とも応援よろしくお願いします。