【速報】「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」にて、玉川学園サイエンスクラブがジュニアレスキュー(メイズ)部門で見事優勝!

2021.12.17

2021年11月25日(木)から29日(月)日程でAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)他にて行われていた「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」に玉川学園からサイエンスクラブが出場。ジュニアレスキュー(メイズ)部門で、玉川学園サイエンスクラブが部門優勝を果たしました。
サイエンスクラブは、9月に行われたロボットの大会「World Robot Summit」でも部門優勝しており、今年ロボットに関する大会で2度も栄冠に輝いています。

今後の彼らの活躍にご期待ください!

ジュニアレスキュー(メイズ)部門とは

実際の災害を模擬した状況の中でロボットがさまざまな障害をのりこえて被災者を無事に見つけ出す競技です。
ジュニアレスキュー(メイズ)は迷路の中をロボットが進む競技形式です。大小さまざまな障害物も置かれていて、被災者を素早くみつけて救助することが高得点に繋がります。タッチセンサーなどを駆使して、障害物や坂などでロボットをいかに制御するかがポイントです。

なお、同大会に玉川大学「eR@sers」が出場。こちらも部門優勝を果たしています。詳しくはこちらから