学内の田んぼで稲刈り

2011.10.27

2年生総合科お米の学習

2年生が総合科で稲刈りをしました。場所は学内の農場にある田んぼです。春、種籾から苗を育て、田植えをし、継続的に観察してきた稲を刈って干しました。大学の農学部の先生から道具の使い方をうかがい、いざ稲刈り。たわわに実った稲穂に、子どもたちは大喜びです。この半年の学習で稲作の作業のプロセスを、体験を通して学ぶことができましたし、稲の成長を継続的に観察することができました。道具の使い方などの技能も向上しました。まさに「総合科」です。来月は脱穀と精米を体験する予定です。
(集合写真の後ろに写っているのは、クラスで作ったかかしです)