安心・安全なキャンパス

万全のセキュリティ

学内には防犯・防災専門施設があり、専門スタッフが24時間365日体制で学内を巡回。登下校時の交通安全指導も実施して、子供たちを常に見守っています。またALSOKによる「あんしん教室」を実施して、子供たちの防犯意識向上のための取り組みも積極的に行っています。

あんしんグーパス

小田急電鉄と提携して「あんしんグーパス」システムを導入し、登下校の安全管理を行っています。登校時と下校時、教室に設置した装置に定期券をかざすと、保護者の携帯電話にメールで通知されます。

キャンパス内の診療所

キャンパス中央にある「健康院」では、各校舎の保健室と連携をとり、内科を中心とした診療活動を実施しています。医師も常駐して、玉川学園全体の保健、健康面のサポートを行っています。

災害への備え

大規模災害時に園児・児童・生徒・学生・教職員が学内で避難生活をする状況を想定して、3日分の食糧・飲料水、毛布、救急医薬品、日常生活用品、仮設トイレ、復旧用資機材(ジャッキ、レスキューキット、発電機等)を計画的に購入、学内に設置した24棟のコンテナに保管しています。また、大規模災害による帰宅困難の発生を想定した宿泊訓練も行っています。

  • すべての教員が「東京消防庁救命技能認定証」の資格を持ち、万が一の場合に適切に対処できるように備えています。

関連リンク