クラス・コース設定

伸びようとする生徒の可能性を最大限に広げ、一人ひとりの夢の実現のために、多彩な教育プログラムを編成しています。大学受験や大学進学後に必要となる知識・学力の獲得のために、科目設定はもちろんのこと、生徒一人ひとりの異なる適正、進路、その先のキャリアに対応できるようなクラスや、コース設定となっています。中学・高等学校課程では教科教室制による徹底した指導とともに、自学自律を奨める教材の工夫も随所でなされています。また、中学より英語などの教科ではコース別学習を進め、個々人の進度・理解度に合わせた指導を行っています。

玉川学園中学部・高等部クラス・コースチャート

夢実現のためのクラス・コース編成

中学の1年生~3年生は一般クラスとIBクラスの2つのクラスがあり、クラス編成は一般クラスが240名/6クラス、IBクラスは25名/1クラスとなっている。3年間で中学カリキュラムを進め、3年生からは高校カリキュラムへの導入「学びの技」などを行う。一般クラスは3年制だが、IBクラスは中学卒業までをMYP(Middle Years Programme)、高校卒業までをDP(Diploma Programme)とし、6年制をとっている。高校1年生~3年生は普通コースとプロアクティブラーニングコース(理数系強化)があり、普通コースのクラス編成は200名/6クラス、PLコースは40名/1クラスとなっている。3年間で高校カリキュラムを進め、3年生の後半からは他大学受験者のための進学指導、不得意科目の補修、海外提携校への留学、玉川大学の授業受講・単位先取りなどを行う。普通コースは2年生から理系と文系に分かれ、玉川大学への内部進学や外部の国公・私立大学への進学、プロアクティブラーニングコースは医学部・薬学部・理学部・農学部への進学、IBクラスは世界トップクラスの大学(ハーバード大、エール大、ケンブリッジ大)への進学が見込まれる。

国際バカロレア(IB)クラス MYP・DP認定校

7−12年生(中学校1年生から高校3年生)を対象としたIBクラスでは、将来の目標を海外大学への進学、世界での活躍と位置付け、その目標達成のために、IBO(国際バカロレア機構)の提供する世界水準の教育プログラムを導入し、IBプログラムを教える資格を有した専任教員によって、その授業のほとんどを英語もしくはバイリンガルで行っています。

プロアクティブラーニングコース(理数系強化コース)

10年生から12年生を対象に、理数系と英語を重視したカリキュラムによる特別コースを設置しています。SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受け、医学部・理学部・工学部・農学部への進学を希望する生徒を重点支援し、獲得した知識を柔軟に活用できる能力を付加します。
プロアクティブラーニングコースでは、玉川学園・玉川大学全体の理数系能力開発における資産をフルに活用し、学術研究所・脳科学研究所の協力も得て、国内外の医学・理数系大学への進学を視野に入れたプログラムを展開し、週34時間の専門カリキュラムで学習を行っています。将来的には理数系分野においてのリーダーとなる人材育成を目的とし、その素地を確実に身につける教育を行っています。

関連リンク