Q&A

小学部から中学部への内部進学・外部進学について教えてください。

1年生から12年生までの在学期間中は、小学部から中学部、中学部から高等部への入学試験は行いません。5年生からは学年進行型をとっており、次の学年へ進級するために必要な学習成績、出席日数が決められています。小学部から中学部へは、90%が内部進学しますが、進路変更、保護者の転勤に伴い、他校に進学する児童・生徒が10%ほどいます。いずれの場合でも、その児童・生徒の将来を第一に考え、必要な配慮や指導を行いますので、ご安心ください。

(外部中学校の進学実績としては、青山学院中等部、栄光学園中学校、桜蔭中学校、暁星中学校、慶応義塾普通部、慶應義塾中等部、慶応義塾湘南藤沢中等部、駒場東邦中学校、芝中学校、逗子開成中学校、成蹊中学校ほか)

安全対策として、GPS機能のついた携帯電話等を持たせることは認められていますか。

携帯電話の所持は原則的に禁止にしていますが、通学上の安全確保に必要な場合に限り、保護者からの「携帯電話所持願い書」を提出していただき、使用上の約束に同意いただいて、許可しています。

聖書の教えを大切にしているとのことですが、私どもは現在無宗教です。入試に影響はあるのでしょうか。

まったく影響はありません。また、クリスチャンのご家庭が特に有利ということもありません。しかし、玉川学園の全人教育・宗教教育には是非賛同していただきたいと思います。

入試ではどのようなことが重要視されますか。

入学試験は面接形式で行います。

面接の内容は(1)「行動観察・運動」(2)「言語・数量(受験生面接)」(3)保護者同伴による面接の3つです。

  • 行動観察では、社会性や独創性を見ます。
  • 運動では、姿勢や身のこなし等の基本的な運動能力を見ます。
  • 言語では、語彙の豊かさ、正確な聞き取りと発話が大切です。
  • 数量では、数や形の概念が必要です。
  • 親子面接では、入学志願書の内容を中心に質問します。

転・編入試験について教えてください。

各学年で欠員がある場合のみ年2回(4月・9月入学)に試験を実施します。募集に関しては「転・編入試募集要項」をご確認ください。

保護者の転勤等で一度退学した後の再入学・再入園はできますか。

玉川学園在学(園)中に保護者の転勤等で退学(園)した方が、幼稚部・小学部・中学部・高等部(大学は除く)に、再入園・再入学を希望された場合には、再入園・再入学試験を実施することがあります。

学費について教えてください。

2018年度の学費

一般クラス
  1年生2年生3年生
入学金 220,000円
授業料 800,000円 807,000円 814,000円
教育諸料 134,000円 134,000円 134,000円
教育情報料 20,000円 20,000円 20,000円
施設設備金 160,000円 160,000円 160,000円
授業料等合計
(入学金除く)
1,114,000円 1,121,000円 1,128,000円
  4年生5年生6年生
入学金
授業料 821,000円 828,000円 835,000円
教育諸料 134,000円 120,000円 120,000円
教育情報料 20,000円 20,000円 20,000円
施設設備金 160,000円 160,000円 160,000円
授業料等合計
(入学金除く)
1,135,000円 1,128,000円 1,135,000円
  • 上記のほか、父母会費(年額6,000円)が別途必要です。

通学の服装について教えてください。

1~4年生

「男子はスーツ、女子はその場に適した服装」これが玉川学園建学以来の伝統で、女子には制服がありません。男子の服装に見合った服装で登校するよう指導しています。ランドセルは学園指定のものです。

1・2年生は紺の制帽(夏は白)をかぶります。

男子は学園指定の上着と半ズボン、夏は玉シャツ(半袖開襟シャツ)を着用します。ネクタイは3年生から着用します。

女子はブレザーやセーター、ワンピース、ブラウス、無地またはチェックのスカート、白・紺・グレーのソックスを着用します。

夏服
冬服

5~6年生

夏服 冬服

男子

社会生活の多くの場面で通用する濃紺のスーツとネクタイを基本に、それらを着こなせるよう指導していきます。

女子

学校にふさわしいスカートとして、20種類の中から自由に選べる標準スカートを指定しております。

通学範囲について教えてください。

交通手段の充実により、通学範囲が広がっています。小学部では60分を通学の目安としていますが、制限があるわけではありません。
小田急線、横浜線、京王線に加えて、青葉台駅から東急バスが最寄バス停まで接続していることから、田園都市線沿線、横浜市営地下鉄(ブルーライン)からの通学者も年々増加しています。

子供が早生まれでも、クラスになじめるでしょうか?

特に問題はありません。玉川学園では、1年生のクラス編成を誕生日順で割り振っています。生まれ月によって成長速度が違うため、着替えや食事のスピード等にばらつきがあります。 そうした生活ペースをある程度そろえるための配慮です。また2年生以降は、毎年クラス替えを行っています。

給食はありますか?

給食はありません。玉川学園では、保護者の愛情が込められたお弁当をいただきます。食育が重視される今日、日ごろの家庭での食事の延長として、栄養のバランスのとれたお弁当を 友達とともに楽しく食べることで、健康な体が作り上げられていきます。

異学年交流はありますか?

低学年校舎での最上級生は4年生です。入学式では、4年生が「お世話係」として一人ひとりに付き添い、まだ学校生活に慣れていない新入生のお世話をします。新入生はいつでも頼れるおにいさん、おねえさんが側にいてくれることで、安心して小学校生活をスタートできます。また、5・6年生になると、中学年校舎に学校生活の拠点を移します。そこでは7・8年生とともに活動します。普段の学校生活から課外活動まで、上級生を見て憧れ、そして目標とすることで、自身をより高いレベルに到達させようとする姿が見られます。

課外活動(クラブ)について教えてください。

5・6年生から希望者は課外活動(クラブ)に参加することができます。

5・6年生が参加できる課外活動(クラブ)

剣道・バスケットボール・陸上・デンマーク体操・ソフトボール・吹奏楽・オーケストラ・
サイエンスクラブ・ロポットクラブ・野球・サッカー・ラグビー・エアロビック・ハンドベルクワイア

6年生が参加できる課外活動(クラブ)

少林寺拳法・バドミントン・テニス(硬式)・水泳・美術

関連リンク