IBクラスの一日

日々の生活を規則正しく送ることは、将来においても重要です。生徒は毎日の学校生活の中で、 集団生活での規律やマナー、生活習慣など、社会に巣立つための大切な事がらを身につけていきます。

7:30

0時間目
(英語サポート)

IB英語クラスでは、英語の習熟度に応じて、段階的なサポート体制を設けています。朝会開始前の7:30から提供されている、早朝英語サポートクラスもその一つです。他には、通常の英語クラスを、初級・中級・上級に分け、肌理の細かい英語サポート体制を敷いています。

08:25

朝会
(特別講義・礼拝)

玉川学園では毎朝朝会を行います。連絡事項をはじめ、留学生の紹介や委員会からの連絡など、生徒たちに必要な情報が発表されます。

週に1度の礼拝。讃美歌の斉唱、聖書朗読、講話を通して自分自身と向き合い、静かに祈りを捧げます。

08:45~16:15/17:15(1時間目から7/8時間目) 

1時間目から7/8時間目の授業

授業前に課題を確認。各ホームルームに教員が常駐しているので、いつでも疑問を解決。授業時間は50分です。IBクラスは、MYP7・8年の一部の科目(音楽・体育・美術)を除いて、全て英語で行われます。
DP(11年・12年)になりますと、日本語言語を除く、全てのIB教科は、英語で行われます。また、MYPの提出課題である「自由研究」で、自分のテーマをとことん探究。玉川学園展で展示、コンテストや大会でその研究成果を発表します。
IBクラスでは、一般クラスに比べて授業時間数が多く設定されています。(一日7時間~8時間・35時間~40時間)

12:35

昼食・昼休み

玉川学園では、昼食は保護者の愛情の込められたお弁当をいただきます。食育の重要性が唱えられている今日、日ごろの家庭での食事の延長として、栄養のバランスのとれたお弁当を友だちとともに楽しく食べることで、健康な体が作り上げられていきます。

13:25~16:15

5時間目から7時間目の授業

「自由研究」で自分のテーマをとことん探究。玉川学園展で展示、コンテストや大会でその研究成果を発表します。

IBクラスでは、一般クラスに比べて授業時間数を多く設定しています(1日7時間週35時間)。

16:00(学習サポート)


(スタディ・ホール)

スタディ・ホールは、学習サポートのために当てられる自習時間帯。
学習内容の指導を必要としている生徒や、提出課題に取組む生徒のために、静かに自主学習に取組める時間と場所を提供します。

クラブ活動 他

放課後のクラブ活動は任意での参加となります。玉川学園では約7割以上の生徒がクラブ活動に参加しています。クラブは仲間とともに切磋琢磨しあい、伸びる場です。この時期だからこそできる、この時期しかできない貴重な体験の場として参加を奨励しています。
夢中になって打ち込むクラブ活動の時間。意欲的な生徒を全面的にバックアップする環境が整っています。

17:30

下校