生徒からのメッセージ

海外での生活経験がなくても、努力次第で英語は上達します

中学1年生(7年生)で玉川学園のIBクラスに入るまで、私は日本の公立小学校で学んでいました。海外での生活経験もありません。はじめは英語を話せるクラスメイトたちに劣等感を抱き、また文法の間違いを気にしすぎるあまり、学校で英語を話すことが辛いと感じていました。しかし、「自分は今まで英語を使う環境になかったから、はじめは話せなくて当然、でも勉強をあきらめてはいけない」と考えて授業に意欲的に取り組みました。
理解できないところはクラスメイトが助けてくれ、早朝と放課後のサポートクラスにも参加するうちに、まずは聞くことに慣れ、段々と書くこと、話すことも上達してきました。そして中学2年生(8年生)のカナダ研修では、カナダで出会った友だちを前に、文法ばかり気にしていないで、とにかく口を開いてコミュニケーションをとってみることの大切さを実感しました。
最近は努力の成果が会話力の向上となって現れはじめ、自由研究で取り組んでいる写真でも受賞できるなど、自分に自信がついてきました。今は習熟度別の英語のクラスをAクラスに上げることと、ラウンドスクエア国際会議の代表メンバーになることを目標にがんばっています。

(玉川学園IBクラス高校1年生(10年生) 杉浦 愛來)

関連リンク