小学部の学び

ホンモノに触れることが探究学習の第一歩

小学部では、とにかくたくさんの体験をさせて、子供の学習意欲を向上させ、学力を高めることにつなげています。玉川学園が大切にしている「ホンモノ」に触れたとき、子供たちの感性や探究心、学習意欲は大きく向上します。
詳細は「ホンモノに触れる玉川の学び」をご覧ください。

発達段階に応じた学習システム

1年生は、暦年齢別の学級編成をしています。1・2年生は学級担任制、3年生は一部教科担任制、4年生からは完全教科担任制で学習指導をしています。
1~4年生では、本格的な学習への導入として学び方を学び、学習姿勢・基礎学力を養成します。同時に情操面では素直な心と健康な体を作り、人間性の素地を育むことを大切にしています。5・6年生では基礎学力を根底とした応用力を養成し、自ら学ぶ、自学自律の姿勢の確立をめざしています。同時に他者を思いやる豊かな心と強い体の養成を目標に教育活動を行っています。

各教科の教育目標

国語

1・2年生
  • 自分の考えや意見をきちんとまとめて話すことができ、相手の気持ち・考えを理解しながら話を聞く力
  • 調べた内容・自分の考えを、筋道立てて文章にする力
  • 読解力と、自ら進んで読書する態度
  • 〈漢字能力〉1年生80字、2年生160字の読み・書きの確実な習得
3・4年生
  • 自分の考えや意見をまとめて話すことができ、相手の気持ち・考えを理解しながら話を聞く力
  • 調べた内容・考えを筋道立てて文章にする力
  • 読解力と、自ら進んで読書する態度
  • 〈漢字能力〉3年生200字、4年生224字の読み・書きの確実な習得
5・6年生
  • 音声言語によるコミュニケーション能力
  • 文章を簡潔に要約する力
  • 自身の考えを明確に書き表す能力
  • 作品の主題、作者の意図を的確に捉えた読解力、さらに目的に応じた読みが出来るようにするための読書習慣
  • 〈漢字能力〉5年生209字、6年生186字の読み・書きの確実な習得

算数

1・2年生

数量・図形の基礎知識を身につけ、数理的な処理の必要性を感じることで、生活や学習に生かそうとする態度を育みます。反復学習として計算ドリル・小テストを実施するほか、基礎学力点検のため、年2回の実力テストを実施。総合学習と関連した内容や身近な素材をテーマに授業を展開し、算数の面白さを体感させます。

3・4年生

1・2年生の学習に加え、筋道を立てた見方、考え方の会得、正確な計算能力、測定・作図・作表等の技能を修得させます。また、4年生から単元ごとに学習の手引きを用い、単元終了後にはテストを実施します。

5・6年生

計算の正確さ、問題分析・把握能力を養います。単元ごとに学習の手引きを用い、習熟度別の授業形態で、確実に必要な知識を習得し、その達成度確認のため、単元終了後にテストを実施するとともに、既習内容定着のための小テストを行います。日々の家庭学習を自立して行う姿勢を養うため、毎回の課題学習を課しています。

英語

1・2年生

ELF(English as a Lingua Franca、共通語としての英語 )の教員による授業を通して、英語によるコミュニケーション能力の基礎を養います。

  • 1年生 トピックについての応答、アルファベットの習得など
  • 2年生 トピックについての発表、サイトワードの習得など
3・4年生

ELF教員による授業を通して、英語によるコミュニケーション能力と表現力の基礎を養います。

  • 3年生 対話文による会話力の育成、初歩的なリーディング、ライティングの習得
  • 4年生 スキットによる会話力の育成、リーディング、ライティングによる表現
5・6年生

EFL教員の授業や、外国の小・中学生との交流を通し、積極的にコミュニケーションを図る能力を養います。

  • 5年生 挨拶や相手の自己紹介の聞き取りと自分の自己紹介。200語レベルのスキット(寸劇)を理解するとともに、単語や文章の正確性を上げます。
  • 6年生 身の回りのことについての会話。現在形・過去形・接続詞を用いた物語の読解力を養います。

理科

3・4年生

「自然を感じる」をテーマに、季節や生物の成長の変化を五感で実感し、表現する能力を育みます。自然科学の基本単位となる、長さ・重さ・時間・温度の測定体験を通し、基礎知識を定着させ、具体的な実験・操作を行い、いろいろな角度からの見方・考え方に気づき、視野を広げる態度を養います。

5・6年生

「自然を探る」をテーマに、日常的視点から具体的な経験を通して、博物学的に知識を獲得します。測定実験や定量的考察を体験し、科学の基本を身につけながら自然を探求する態度を養い、「自然現象」「自然の法則」「用語」などの知識量を増やし、定性的・定量的な思考力を育みます。

社会

3・4年生

社会の様子を調査し、わかりやすくまとめる力を養い、身近な地域や社会全般について調べ、社会と自分の結びつきについて気づかせ、社会の一員として出来ることは何かを考えさせます。見学や図書資料を活用し、調査した結果についてコンピュータなどを用いて表現・発表する能力を養います。

5年生

これからの日本の農業のあり方、大量生産の仕組みと環境保護などの学習を行い、インターネットを含めた資料の活用と効果的な表現法を習得します。また、環境をテーマとした総合学習へと展開しています。

6年生

日本の歴史について学習します。特に鎌倉時代の学習では鎌倉見学を行い、コンピュータネットワークの活用法、コンピュータでのプレゼンテーション技法をも修得します。

総合科

1・2年生

「調べる力」「表現する力」「創造する力」を高め、学習に対する意欲を向上させながら自学自律の素地を養います。

  • 1年生 観察する能力、材料を生かした創造力、自ら進んで学習を行う態度を育みます。
  • 2年生 観察力や創造力のほか、詳しく調べる力と、その調査内容をわかりやすくまとめる力を養います。

音楽

1~4年生

「音に浸る」をテーマに、生活のあらゆる場面を通して音楽活動することにより、伸び伸びと屈託のない自己表現ができる力を育てるとともに、自分たちで指揮・伴奏・歌唱する音楽活動を通して、音楽を愛好する心情と豊かな感性を育てます。

5・6年生

「豊かな音楽経験」をテーマに、音楽活動の体験を重視。音や音楽への興味・関心を高め、個性豊かな情操を養うとともに、音楽を表現するための能力、創造的な表現能力を育みます。

体育

1~4年生

心と体を一体としてとらえ、適切な運動の経験と健康・安全についての理解を通して、運動能力(走る・跳ぶ・投げる・ささえる・まわる)等を含め、運動に親しむ資質や能力を育てます。健康の保持増進と体力の向上をはかり、明るく楽しく、生活を営む態度を育てます。

5・6年生

運動や健康・安全についての理解と、より幅広いスポーツ体験と、その子どもにあった運動に積極的に親しむ資質と能力を育てます。健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かな生活を営む態度と精神を身に付けさせます。

美術

3・4年生

「感性を育む」をテーマに、遊びや生活、自然の中からの体験と通し、造形的表現意欲を育てるとともにその体験を深めることに関心を持せ、創造的な工作能力を伸ばします。

5・6年生

「自己の確認」をテーマに、物をよく見取る力、気づき、発見する力、良さや美しさ、情感を感じ取る感性を育てるとともに、発想力や構想力そして創意工夫する力を育みます。

情報

1~3年生

自然にコンピュータに触れさせる工夫をし、コンピュータの面白さを体験させます。

4年生
  • 自然にコンピュータに触れさせる工夫をし、コンピュータの面白さを体験させます。
  • ネットワークのルールとマナーを守って、CHaT Netで楽しくコミュニケーションします。
  • 描画ソフトを使ってデジタル作品制作に取り組みます。
5・6年生
  • 道具としてコンピュータを活用できるスキルを鍛えます。
  • アプリケーションソフトの使い方に慣れる一方、情報検索の手法を身に付けます。
  • プレゼンテーションソフトを使って発表スライド原稿作りをします。

関連リンク