幼稚部の学び

Bilingualで学ぶ

遊びのなかに、生活のなかに、自然と英語に触れる時間があります。

BLES-Kプログラムでは、英語の時間と保育内容を含んだ総合的な英語活動とを融合させて、英語に触れる時間を段階的に増やしていきます。年少のスタート時期には英語の先生に毎日出会うことから始まり、年長後半では保育時間の半分程度を英語活動として設定します。

日本語と英語、その両方で学ぶための基礎をしっかり身につけます。

子供たちの生活の中に必然的に生まれてくる情動、認知、様々な感覚、尊いものへの畏敬などは、母国語をベースとして発信されるはずです。この母国語を豊かに育てる上で、「伝えたいこと」を経験し蓄える教育活動と、「伝えあう」仲間がいることやその状況設定を重視します。バイリンガル教育を通じて子供たちが日本語と英語の両方を身につけるとともに、1年生からのBLESクラスへ無理なくつなげていきます。

アクティブ・ラーニングで学ぶ

子供たちが話し合いで進める幼稚部うんどう会

幼稚部うんどう会は、幼稚部全員で作り上げます。特に年長の子供たちは、全ての競技準備、後片付け、進行を引き受けます。各競技に必要なものは何か、設置場所はどこにするかなど事前に取り決め、当日のうんどう会に臨みます。手持ちのマニュアルはありません。一人ひとりの頭の中にインプットされています。みんなの力でうんどう会をつくりあげ、全体をてきぱきとリードする姿に、大きな成長を感じることができます。

「それはいい!」を見つける幼稚部ならではの5歳児合宿

6月の5歳児合宿では約1ヶ月かけて宿泊に必要なものについて話し合い、準備します。幼稚部園舎に宿泊するのですが、夕食や朝食、布団、お風呂などがありません。クラスで相談し、子供自身の手で必要な物を手配したり、電話で注文したりします。もちろん食材も自分たちでスーパーマーケットまで買い物に行きます。自分たちで5歳児合宿を作り上げる経験をした子供たちは、自信に満ちあふれています。このように幼稚部には年齢に応じて心と体が成長する行事がたくさんあり、子供たちは3年間で大きく成長します。

自然から学ぶ

五感を使って自然と向き合う畑労作

一年を通じて栽培活動があります。初夏にはジャガイモや大根を収穫します。学内でお世話になる方にもお裾分けをします。11月には、玉川大学農学部の先生から誘われ、キウイ狩りにも行きます。年少と年中がペアになり、先生や大学生に手助けしてもらいながら収穫します。

四季を通じて学内を散策する丘めぐり

幼稚部では一年を通していつも自然を感じることができます。学園の丘が、子供たちの活動フィールドです。自然に親しむことを通して、色や形、花を咲かせる時期など、「分類」して物事を整理していく道筋も学んでいきます。

あこがれや交流から学ぶ

BLESクラスとの交流

Bilingualプログラムは、日常のあらゆる場で、日本語と英語に触れるチャンスを設定しています。ELF(English as a Lingua Franca)教員や担任からの働きかけだけでなく、よく知っているお兄さん、お姉さんからの刺激もあります。小学校のBLESクラスで学んでいる上級生が、英語の絵本を読み聞かせに来てくれます。自分の隣で読み聞かせをしてくれるReading Partnerへのあこがれが、自然に生まれてきます。

サマースクールでの交流

サマースクールの魅力は、普段の日常生活とは違う時間を経験することです。決められたプログラムではなく、たくさん用意されている講座のなかから子供たち自らが気に入ったものを選んで参加できます。いつもと違う環境で動いたり、作業したりすることは、子供たちにとっては大きなチャレンジであり、興味や関心の芽を育てることにつながります。社会人のOBや大学生、保護者、高校生、大学の先生など多彩な指導者との交流をはじめ、なかには年少から年長、1~4年生まで一緒に参加する講座もあり、異年齢交流のきっかけにもなります。

体育祭での交流

玉川学園の体育祭は、創立以来の伝統行事の一つです。幼稚部から大学生までの園児・児童・生徒・学生が一堂に会して演技や競技を繰り広げます。幼稚園生は4年生とペアになってマスゲームに参加します。

チャンプルーシアター鑑賞

チャンプルーシアターとは、玉川大学芸術学部演劇公演団をルーツとした、大人から子供まで楽しめるファミリーシアターです。「表現」には、いくつかの手法や型がありますが、いつも正解があるわけではありません。子供たちは、学生が繰り広げる「表現」を、それぞれあこがれをもって受け取ります。自分たちの、表現活動にも生きていきます。総合芸術としての「演劇」、自己表現手段としてのパフォーマンスを身近に感じ取る機会です。

関連リンク