秋を見つけに

2011.11.24

1年生総合科 丘めぐり

59万㎡の玉川学園のキャンパスは、今、秋色に染まっています。

丘めぐりをしながら赤や黄色に色づいた木々を観察したり、葉っぱやどんぐり、銀杏を拾ったりしました。落ち葉を使っての形づくりや、もみじの葉の叩き染めなど、秋にしかできない活動を大いに楽しみました。春から同じ場所を継続的に観察し、その変化に気づく目や、美しいものに感動する心、そしてそれを俳句や詩に表現できるような感性を育てる上でも、丘めぐりは大切な活動です。

どんぐりを沢山拾えば、それは算数の教材になります。同じどんぐりでもいろいろな種類があることも勉強できます。
玉川の丘は、教材の宝の山(丘?)です。