ハーカー校とのテレビ会議

2012.02.06

1年生

玉川学園は世界中のいろいろな学校と交流をしています。小学校では、アメリカ・カリフォルニア州のThe Harker Schoolとの交流が20年近く続いています。5、6年生になると希望者による相互の交換訪問(10日間ほど)も行われますが、1月下旬には、1年生がハーカー校の1年生と、テレビ会議で交流しました。

インターネットの回線が繋がると、ハーカーの子どもたちが電子黒板の画面に表れます。それを見ていた子どもたちは、一斉に「Hello!」と手を振りました。まずは今日の日付や曜日、天気を紹介しあいました。すると、アメリカはまだ昨日だったり、こちらが朝なのにあちらは夕方だったり。不思議なことがいろいろわかりました。お互いにその国に関することのクイズを出し合って楽しんだあとに、同じ歌を英語や日本語で歌って発表し、最後には一緒に歌ってみました。8000キロ離れた学校の友達との合唱です。とても楽しい時間を過ごしました。