稲刈り

2013.10.28

2年生総合科

実りの秋を迎えた10月、今年の5月に種籾をまいて苗を育て、6月に田植えをした稲は見事に成長していました。そして、今日はいよいよ稲刈りです。
農学部の先生から稲刈りで使う、のこぎり鎌の使い方を教わり、稲刈りが始まりました。田んぼの中に入り、農学部の先生や学生の皆さんに教わりながら、無事に収穫できました。
種まきから始まって、米作りに取り組んだことで、子ども達は米作りをして働く人の思い、食べ物を大切にする心、植物の育ち方など、多くの事を学びました。これができるのは、徒歩5分の場所に田んぼがあるという学園内の立地条件の良さです。収穫した稲は、はさがけをして乾燥させ、11月中旬には脱穀です。