Q&A(BLESクラス)

指導する教員はどのような資格の教員ですか?

日本の小学校免許所持者と、英語圏の小学校免許所持者またはTESOLの資格を取得している教員です。TESOLとは、英語を母国語としない者に、英語で英語を教える専門課程を修了した人に与える資格です。

教科書はどのようなものを使用しますか?

日本語で指導する教科は、文部科学省の検定教科書を使用します。
英語で指導、または英語と日本語の両方で指導する教科については、文部科学省の検定教科書とその翻訳版、あるいは海外の出版社の教科書を併用します。

保護者は英語ができないとダメなのでしょうか?

いいえ。そのようなことはありません。また、宿題も学校でサポートしますので、ご安心ください。

途中から一般クラスへのコース変更は可能なのでしょうか?

可能です。また、一般クラスからBLESクラスへの変更も、人数に空きがあれば可能です(定員により転・編入学試験を実施することもあります)。

一般クラスとの交流はありますか?

朝会、学年集会や音楽祭、体育祭など行事には同じように参加します。児童はワンフロアで生活するため、交流は自然に生まれます。

学費について教えてください。

2018年度の学費

 1年生2年生3年生
入学手続金 342,750円
授業料 1,028,250円 1,371,000円 1,371,000円
教育諸料 144,000円 144,000円 144,000円
教育情報料 20,000円 20,000円 20,000円
施設設備金 160,000円 160,000円 160,000円
授業料等合計(入学手続金含む) 1,695,000円 1,695,000円 1,695,000円

上記のほか、父母会費(年額6,000円)が別途必要です。

  • 入学手続金は1期分の授業料となります

入試はどのような内容でしょうか?

英語の能力を評価する試験は行いません。一般クラスと同じ試験をすることに加えて、一般クラスのカリキュラムよりも多い時間数の学習に対して意欲的に取り組めるかどうかを面接します。

BLESを修了したあとは、どのような進路に進むのでしょうか?

BLESは5年生まで実施します。6年生からは、国際バカロレア(IB)クラスのMYP(Middle Years Programme)が始まります。MYPへ進むことを希望する児童は、学内の推薦を受けた上で、6年生からIBクラスへ進みます。また、一般クラスに進むこともできます。

国際バカロレア(IB)クラスを修了した後どんな大学に進学していますか?

国内の難関大学はもちろんのこと、海外の大学へ進学しています。詳細はこちらをご参照ください。

関連リンク