子どものアトリエ

2012.05.21

雷や雹には全く関係のない晴天。さわやかな風と新しい緑の中で、子どものアトリエが開かれました。年長、中の作成によるあじさいの壁画と、年少のちょうちょうがみんなを迎えます。

1学期の充実期に向かって、いろいろな造形活動に必要な道具の使い方、素材の使い方、着色の仕方、2つのものの接着の仕方などを、親子で体験するのが子どものアトリエです。この日は、お父様やお母様の手を借りて「挑戦」することもできます。このことがきっかけとなって、次の「遊び」が生まれます。

粘土コーナー、帽子や衣装作りコーナー、ダンボールコーナー、カプラコーナーで、たっぷり遊びました。