「わかる」喜び

2010.10.27

幼稚部年長 チャレンジプログラム

保育時間終了後、幼稚部では年長対象の「チャレンジプログラム」を9月から実施しています。

「ことば」「数」「運動」の3つのグループに分かれ、それぞれ先生から出された課題に挑戦。今日の「数」グループでは、シーソーを使って「どうやったら浮かんだ状態でいられるかな?」という問題をみんなで考えました。子供たちから出た言葉や反応をもとに、次々に課題にトライし、クリアすると周りからは自然と拍手が。自分たちで問題を解決したり、できなかったことを友達と一緒にできるようになる喜びを存分に分かち合いました。