自由研究「考古学」

2015.09.25

後期から、いよいよ個人研究をスタートさせた自由研究「考古学」。児童・生徒が自ら選んだ研究のテーマには、石器を作る、弓矢を作る、火起こし器を作って火を起こす、などがあります。この日は、それぞれのテーマに合わせた材料の調達を行いました。校舎の裏で、自分の研究に使えそうな枝や石などを思い思いに採取する児童・生徒たち。縄文人や弥生人たちも、この丘で同じように道具を作って暮らしていたのでしょうか。
どんな作品ができあがるか、楽しみです。