玉川学園6年生小森桃子さんが第17回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門ハープジュニアの部で第3位入賞!

2016.11.01

玉川学園6年生で吹奏楽部所属の小森桃子さんが第17回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門ハープジュニアの部において見事3位に入賞するという快挙を達成しました。

このコンクールは2000年から行われている音楽コンクールで、フランス・オーストリア・タイ・中国・アメリカ・韓国などで行われる地区予選を勝ち抜いた精鋭と日本国内での予選で勝ち抜いた方が集う国際的なコンクールです。小森さんは7月に行われた第一次予選であるテープ審査を経て、8月31日ティアラこうとうで行われた東京地区本選に出場。保護者も中に入れない完全非公開の状態で審査が行われ、高評価を獲得。審査員からは、「楽しそうに弾いている」とコメントもいただき大阪での本選へとコマを進めました。10月9日大阪 阿倍野区民センターで行われたファイナルで見事3位に輝きました。

小森桃子さんは「一生懸命練習したので、賞をいただけてとてもうれしいです。これからも素敵なハープの曲をたくさん弾きたいです。」と喜びのコメントを寄せてくれました。

小森桃子さんの活躍をご注目ください。