台湾・稲江高校 日本語科の生徒18名が来園しています

2017.11.02

10月25日(水)より、玉川学園の提携校である台湾の稲江高校から、18名の女子生徒と1名の引率教員が来園しています。
彼女達は全員、稲江高校で日本語学習を専攻しています。到着日には、ラウンドスクエア実行委員会の生徒達主催の歓迎会が開かれ、ゲームや歓談、互いの文化紹介を通じて、交流を深めました。また、今週は、本学の9年生(中学3年生)から12年生(高校3年生)の生徒とペアになり、昼食の時間を共にしたり、授業を一緒に受けたりしています。
11月13日(月)まで、日本語の授業や日本文化の体験も交えながら、玉川学園での研修生活に励みます。