ラウンドスクエア伝統校訪問に行ってきました(イギリス)

2015.09.30

玉川学園が、国際規模の私立学校連盟「ラウンドスクエア」に加盟して、今年で10周年を迎えました。 それにちなみ、9月12日(土)から9月18日(金)の7日間、10名の生徒(9~11年)が「ラウンドスクエア」発祥の地であるイギリスを訪問しました。

アボツホルム校にて

アボツホルム校は、田園教育塾の創始者セシル・レディによって、1889年に創立されました。
玉川学園の全人教育とのつながりも深い、ラウンドスクエア校です。

こちらは、現地の生徒との記念写真。
一緒に授業を受けたり、昼食を食べたり、労作をしたりして、交流を楽しみました。

ゴードンストウン校にて

ゴードンストウン校は、ドイツの教育者クルト・ハーンにより、1934年に創立されました。
1967年に、初めての「ラウンドスクエア国際会議」が開催された学校であり、まさにラウンドスクエア発祥の地といえます。

ゴードンストウン校のラウンドスクエア委員会の生徒達と一緒に、キャンパスツアーに出掛けたり、講義を受けたりと、充実した1日を過ごすことができました。

ロンドン街歩き
現地の生徒達との授業1(アボツホルム校)
現地の生徒達との授業2(アボツホルム校)
楽しい昼食の時間(アボツホルム校)
ひつじの足の爪切りをお手伝い(アボツホルム校)
牛のお世話(アボツホルム校)
集合写真(ゴードンストウン校)
ラウンドスクエア広場(ゴードンストウン校)
現地の生徒達との授業(ゴードンストウン校)