IT教育

玉川学園では、常に社会の進化を見据えながら、学習に効果的な新しい教育環境の構築に努めています。

eエデュケーション

ICTを活用した「e-Education」で質の高い学修環境を実現

高度情報化時代である今日、より効果的な教育を行うためには、コンピュータやネットワークの利用が必要不可欠です。
玉川大学では、対面授業に加え、コンピュータやネットワークなどのICT技術を有効活用するe-Educationを積極的に展開し、コンピュータとネットワークを利用することによって「いつでも、どこでも」学修ができる“Anytime Anyplace”の教育を目指しています。
ネットワークを通じての自学自習、大学からの連絡事項の確認、履修登録、成績確認、メール等による学生同士・教員とのコミュニケーション等、学生生活をサポートする環境を提供しています。

CHaT Net

玉川学園(幼小中高)の一貫教育において、CHaT Netは共通のコミュニケーション環境という重要な役割を担っています。CHaT Netとは、園児・児童・生徒と家庭(保護者)と学校(教職員)が、協力してつくりあげている玉川学園K-12の教育コンピュータ・ネットワークです。これは1998年にスタートし、ディビジョンや学年の違いを意識せずに、ネットワーク上での日常的なやりとりを通して、本学園が目指す「三位一体の教育」を実践しています。

関連リンク