脳科学

全人教育は人をつくる教育です。では人とはそもそもどのようなものなのか?それを明らかにするためには人間を人間たらしめる「こころ」のはたらきと、それをつかさどる脳の仕組みを解明しなければならないとの立場に立ち、1996年に開設された脳科学研究施設を母体に2007年脳科学研究所を設置しました。
脳科学研究所では「こころ」のはたらきの基盤となる感覚認知と行動、推論や創造、喜怒哀楽の感情、そして姿勢や感情をコントロールする意志などについて、脳がどのように活動しているか、その仕組みを研究しています。また、心の社会性に関する研究や乳幼児の言語発達に関する研究、人間の知能の一部をロボットに実現させる研究など学際的視点から脳機能の解明に取り組んでいます。
脳を「見る」ことで、「見えない」こころのはたらきを解き明かすこれらの研究成果は、未来の豊かな人間社会構築や新しい教育手法・教育制度の開発へ貢献することが期待されています。

関連リンク

最先端の研究を推進する脳科学研究所