全日本チアダンス選手権大会で玉川大学ダンスドリルチーム「JULIAS」と玉川学園高等部チアダンス部「GLITZ」が部門優勝に輝く!

2018.12.07

12月1日・2日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「第18回全日本チアダンス選手権大会・第16回全日本学生チアダンス選手権大会」に、Cheer Dance部門大学生編成で出場した玉川大学ダンスドリルチーム「JULIAS」(写真:左)とJazz部門高校生編成で出場した玉川学園高等部チアダンス部「GLITZ」(写真:右)が共に栄えある優勝を飾りました。

写真:日本チアダンス協会提供

今年10月、ポーランドで開催された「第1回世界大学チアリーディング選手権大会」に日本代表としてTeam Performance Cheer Pom部門に出場し、見事優勝を果たしたJULIAS。大会終了後も、優勝の余韻に浸ることなく今回の全日本チアダンス選手権大会に向け、練習に励んできました。2015年以降の結果では2位が続き、‶今年こそは絶対に勝利を掴む‶と演技に磨きをかけて大会に臨みました。

前列右から3番目が西原さん

主将の西原あかりさん(経営学部4年)は優勝の喜びを次のように語ります。
「3年間優勝を逃し、悔しい思いをし続けてきました。『絶対優勝、有言実行』この言葉が今年の私たちの合言葉でした。この3年間こそがジュリアスを成長させてくれ、念願優勝に至ったのではないかと感じます。チームとしてもやっと大きな一歩を踏み出すことができましたが、私たちはまだ満足していません。今後も優勝の座を守り続けられるよう、より強くより進化し続けていきます。沢山の方々の応援がパワーとなりました。本当にありがとうございます」

JULIASは今週末に開催される一般社団法人日本スポーツチア&ダンス連盟主催「Japan Open Cheerleading Championship 2018」に出場します。

前列左が久保田さん

もう一方のチアダンス部「GLITZ」は、優勝がわかった瞬間、飛び上るほどうれしかったと言います。今大会は昨年同大会の同じ部門で優勝し、2連覇がかかっていました。「このチーム、このメンバーで優勝がしたいと、気持ちを一つに取り組んできました」という主将の久保田萌さん(12年生)。連覇に向け、今のGLITZに足りないものは何かをメンバーで考え、強いチームの分析をはじめ、これまでのジャッジシートを見返し評価の低い部分の強化やスローテンポでの練習など、地道な努力を重ねてきました。「優勝はいい意味での自信に繋がっています」と話す久保田さん。12月末に開催されるユナイテッド スピリット アソシエーション ジャパン主催「USA Regionals 2019」東京大会に向け、新たなスタートを切っています。

かけがえのない仲間とさらなる高みを目指す「JULIAS」と「GLITZ」。彼女たちの挑戦はこれからも続きます。

関連リンク