玉川大学・玉川学園のスポーツ強化と普及のための組織「玉川アスレチック・デパートメント」を新設 ~「健の教育」の具現化を目指して~

2022.04.26

学校法人玉川学園は、2022年4月1日より、本学の組織として「玉川アスレチック・デパートメント」(略称:TAD)を新設いたしました。

本学園では、「全人教育」を教育理念に掲げ、豊かな人間性を育むため「学問(真)、道徳(善)、芸術(美)、宗教(聖)、健康(健)、生活(富)」の6つの価値観をバランスよく身につけた人材を養成する教育を行っています。玉川アスレチック・デパートメントでは、この6つの価値観の「健の教育」を具現化するための中心的役割を担う組織として、大学スポーツの強化と普及を推進し、本学のスポーツブランドの確立と優れた学生アスリートを輩出することを目的に事業を展開してまいります。

玉川大学・玉川学園のスポーツ文化の醸成を図るため、安心・安全なスポーツ環境の整備に努めるとともに、K-16(幼稚部から大学)の体育系部活動の連携を強化していきます。

さらに、本学の教育連携・地域連携事業においてもスポーツに関わる活動を積極的に導入し、大学や地域の自治体・団体が持つ資源をより有効に活用する取り組みを推進いたします。

そして、様々な本学のスポーツ活動を通して、広く社会の発展に貢献できる人材の養成を目指します。

また、本学が加入する一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)や体育系各部の加盟協会および関連諸機関との連携を図りながら、大学スポーツの新たな改革と普及に向けて尽力してまいります。

特別強化クラブ:玉川大学女子駅伝チーム
特別強化クラブ:玉川大学エアロビックチーム

玉川アスレチック・デパートメントのミッション

  1. 大学スポーツの強化と普及
  2. 愛校心を育む(在学生・教職員・卒業生を一つにまとめ、応援される部活動の支援・育成)
  3. スポーツ環境の整備・充実
  4. スポーツを通じた本学ブランド力の強化
  5. K-16としての部活動の推進

玉川アスレチック・デパートメント部長

玉川大学教育学部教授・玉川大学体育会陸上競技部部長
川崎 登志喜

玉川アスレチック・デパートメント部長川崎よりコメント

「本学の記念体育館入り口には「心身一如」という言葉を掲げており、健康なる身体と健全なる精神の完全なる一致を表した言葉で、健康教育の理想としています。
本組織は教育理念である全人教育の6つの価値の一つである「健の教育」の具現化を目指し、総合学園として幼稚園児から大学院生まで在籍する組織の特長を十分に生かした運営を目指しています。
女子駅伝チームとエアロビックチームの2つのクラブから強化を始めますが、今後特別強化チーム数の拡大やK-16としての運動部活動の展開に取り組み、5つのミッションを通じて社会に貢献できる人材育成と皆様から応援されるチーム作りを進めて参ります。
これからの玉川大学・玉川学園のスポーツにご注目ください。」

玉川アスレチック・デパートメントのロゴマーク

本組織開設にあたり、玉川大学芸術学部長 中島 千絵教授監修のもと、ロゴマークを制定いたしました。

スクールカラーである玉川ブルーを使用し、スポーツシーンでよく使用されるスラブセリフ書体でロゴデザインされています。さらにアーチ状にすることで動きのある活動的な印象を表現しています。

玉川アスレチック・デパートメント ロゴマーク