4月号特集「いきものに親しむ」取材メモ

『全人』の連載「玉川の仲間たち」を拡大して、キャンパスで会えるいきものが一堂に会するような場を――そう考えたのが、今回の企画の始まりでした。

ところが玉川の丘にはとても紹介しきれいないたくさんのいきものがいます。

農学部の協力の得て、なかなか出会えないものから、登下校の折によく目にするものまで、厳選して取り上げてみました。

印象深いのは、ハンノキです。玉川池の近くに1本、立っています。ハンノキは湿地や河岸などの湿った環境を好む樹木であり、木炭の材料になるそうです。

ハンノキの存在を知ってからというもの、玉川の原風景を、より具体的に想像できるようになりました。

特集巻頭には、生物学者の本川達雄先生をお迎えしたインタビュー記事を掲げました。生物多様性を自分のことに引きつけて考えていく貴重なヒントを頂きました。