ヴァティカンの宗教裁判所に引き出されたガリレオ
Galilee devant le Saint-Office du Vatican

  • 本学設置の理由・由来

    1600年代当時のキリスト教世界では、聖書の解釈をもとに天動説が主流となっていました。しかしガリレオはその著書の中で、「宇宙は地球を含めて変化する」という地動説を示唆する内容を発表し、のちに宗教裁判で有罪判決となり迫害を受けることとなりました。それでもガリレオはそれに屈することなく、科学を信じ、研究を続けました。この絵は、学生たちにも自らの考えを信じ、諦めずに真理を追究する姿勢を持ってもらいたいとの願いを込めて設置しています。

  • 場所 STREAM Hall 2019 1F
    作者 ジョゼフ=二コラ・ロベール=フル―リー (1797-1890)
    所蔵 ルーブル美術館(フランス)