玉川学園創立90周年記念特別展【玉川学園会場】
ジョン・グールドの鳥類図譜ー19世紀 描かれた世界の鳥とその時代

2019.10.23

【玉川学園会場】

  • 会 場
    玉川大学教育博物館
    • 小田急線「玉川学園前」駅下車 南口より徒歩15分
    • 構内は教育活動が行われておりますので、車での来館はご遠慮ください。
    • 入校時に詰所で入校手続を行ってください。
  • 会 期
    2019/10/28(月)~2020/2/2(日)
    • 展示期間の前期と後期で一部の資料の入れ替えがあります
    前期 2019/10/28(月)~12/7(土)
    後期 2019/12/10(火)~2020/2/2(日)
  • 時 間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日 
    2019/11/2(土)、3(日)、12(火)、13(水)、17(日)、24(日)、28(木)、30(土)
    2019/12/8(日)、9(月)、14(土)、26(木)~ 31(火)
    2020/1/1(水)~ 5(日)、13(月)、19(日)、25(土)
  • 入場料 
    無料
  • 11/9(土)、10(日)にコスモス祭(大学祭)が開催されます

19世紀ヨーロッパでは、世界各地から送られてくる物珍しい動植物が人々の関心を集め、標本の展示会が開かれ、実物大の絵に解説を付した図譜が多数制作されました。なかでもイギリスの博物学者ジョン・グールド(1804-81)が制作した鳥類の図譜は、絵の美しさと学術的内容をそなえ、現在も世界的に貴重な資料として高く評価されています。
このたび、玉川学園創立90周年を記念し、玉川大学教育博物館の所蔵するジョン・グールドの鳥類図譜全41巻を6年ぶりに公開するとともに、山階鳥類研究所より『オオハシ科鳥類図譜(補遺)』『キヌバネドリ科鳥類図譜(補遺)』『鳥の図像』の3巻及びグールドの標本6体を出品いただき、国内で初めてグールドの鳥類図譜44巻を展示(前期・後期に分けて)する特別展を開催します。
展示は、「鳥類図譜の成り立ちと技術」「グールドの鳥類学」「19世紀の鳥類図譜」などをテーマに、グールドの鳥類図譜を中心に、同時代に制作された他の鳥類図譜、グールドのスケッチ、レイアウト画などによる図譜の制作過程や石版画の制作方法がわかる資料、鳥類の進化の様子をグールドの図版で示した鳥類の系統樹マンダラなどを展示します。

※【池袋会場】は終了しました。

特別展 関連行事

玉川学園会場:玉川大学教育博物館

  • ワークショップ「リトグラフで鳥の絵に挑戦」(要予約)

    • 日にち
      ①2019/12/15(日)、②2020/1/18(土)
    • 時 間
      各回とも 13:30~15:30
    • 講 師
      河原正弘氏・平川幸栄氏(版画工房カワラボ!)
    • 参加費 
      無料(各回とも同内容)
  • 野外散策「丘めぐり! ブラタマガワ」(要予約)

    • 日 時
      2019/11/23(土・祝) 13:30~15:00
    • 講 師
      教育博物館学芸員
    • 参加費 
      無料

ギャラリートーク(予約不要)

  • 日にち 
    2019/11/10(日)、12/5(木)、12/21(土)、2020/1/21(火)
  • 時 間
    各回とも13:30~14:30
  • 参加費 
    無料

教育博物館学芸員が展示資料の見どころを解説します。(各回とも同内容)

ワシミミズク
ワライカワセミ
ベニカザリフウチョウ
サンジャク
オウギハチドリ
コトドリ

図録

<玉川学園創立90周年記念特別展>
ジョン・グールドの鳥類図譜
      -19世紀 描かれた世界の鳥とその時代(2019)

2,000円

購入は、当館窓口かキャンパスストア(駅前)で。
開催期間中のみ池袋会場でも購入できます。