7/10(水)~14(日)2019年度玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科春学期舞踊公演

2019.06.17

今年度の春学期公演第2弾は、3年ぶりに演劇スタジオで⾏う舞踊公演です。
本公演は、4⼈の振付家によるショーケース形式で⾏います。
今回の醍醐味は、ジャンルの異なる4作品を1度に楽しめるところです。

『錘 -つむ-』(振付:⻘⼭典靖)

⽇本各地の⺠俗舞踊に現代的な要素をも取り⼊れた創作⺠俗舞踊作品です。集団での美しさを踊る「おけさ」。⽟川⼤学で代々⼤切にされている演⽬の⼀つ「御神事太⿎」。可憐さを踊る「茶摘み」。昔から今へと受け継がれたものを、今の学⽣が新しい感性で表現する作品です。

『⾕川俊太郎「⼆⼗億光年の孤独」を踊ってみる』(振付:神崎由布⼦)

コンテンポラリージャズでは⾔葉とダンスの融合をテーマに、⾕川俊太郎⽒から直々に許可を得て、詩を踊るということに挑みます。「⼆⼗億光年の孤独」は、⾕川俊太郎⽒が21歳の時に刊⾏された第⼀詩集で、17歳の時から執筆していた詩が収録されています。

『brilliance』(振付:杉崎 泉)

⽇々の鍛錬によって磨かれたポジションやステップ。その⼀つ⼀つが織りなすクラシックバレエの踊り。ダンサー達のクリアーな動きが放つ輝きを、華やかなプロコフィエフのシンフォニーにのせて、お贈りします。

『曙光』(振付:岩渕貞太)

夜明け前に差し込む太陽の光と若者の⾝体から溢れる⼒のイメージを重ね合わせて創られた作品です。学⽣達が、舞踏の東洋的な⾝体観から⽣まれるコンテンポラリーダンスに挑みます。

ジャンルの異なる4作品が、1つの舞台で巡り合う。⽟川ならではの舞踊の魅⼒をお届けします。
ダンサーとスタッフ総勢101名の学⽣が、枠にとらわれることなく体当たりで挑む春学期舞踊公演を、是⾮お⾒逃しなく!

振付家プロフィール

  • ⻘⼭典靖(花柳典幸)

    ⼆世花柳錦之輔の次男として東京に⽣まれる。幼少のころから⼈間国宝である祖⽗の⼆世花柳壽楽のもとで⽇本舞踊の⼿ほどきを受ける。⻑じて花柳流の三世及び四世宗家家元である花柳壽輔師にも師事。様々な舞台で踊る⼀⽅、商業演劇、宝塚歌劇団、ジャニーズ、NHK ⼤河ドラマなどの振付、所作指導などを⼿掛けている。⽂化庁芸術祭優秀賞など受賞多数。⽟川⼤学芸術学部パフォーミング・アーツ学科教授。国⽴劇場歌舞伎俳優養成課講師も務める。

  • 神崎由布⼦

    武蔵野⾳楽⼤学卒業。卒業と同時に舞踊活動を始める。
    2019 年振付
    「ガラスの動物園」東京芸術劇場シアターウエスト他
    「アルジャーノンに花束を」あうるすぽっと他「⾳楽劇 ⼈形の家」俳優座劇場他
    「The Story of My Life」よみうり⼤⼿町ホール他
    2019 年出演
    「NEVER TOO LATE de show」東京芸術劇場シアターイースト「live」スペースDo
    ⽟川⼤学芸術学部パフォーミング・アーツ学科⾮常勤講師を務める。

  • 杉崎 泉

    3歳で⾕桃⼦バレエ団研究所⼊所。研究⽣の頃よりソリストとして同バレエ団公演に出演。1995年⽟川⼤学⽂学部英⽶⽂学科卒業後、⾕桃⼦バレエ⼊団。1997年から新国⽴劇場バレエ団と契約。2006年までほとんど全ての公演に出演。2009年より⽟川⼤学芸術学部パフォーミング・アーツ学科の⾮常勤講師となる。バレエクラスtwinkle主宰。鳳蘭レビューアカデミー・クラシックバレエ担当講師。チャコットカルチャースタジオにて特別オープンクラスを担当。

  • 岩渕貞太

    振付家・ダンサー
    ⽟川⼤学で演劇を専攻し、⽇本舞踊や舞踏も学ぶ。2007年より2015年まで、室伏鴻舞踏公演に出演する。2012年、横浜ダンスコレクションEX2012にて在⽇フランス⼤使館賞受賞(共同振付・関かおり)。舞踏や武術、⽣物学、脳科学、哲学等からインスパイアされた⾝体表現⽅法「網状⾝体」を開発。急な坂スタジオレジデントアーティスト。セゾン⽂化財団シニアフェロー。

総合監修: ⻘⼭典靖 振付・構成: ⻘⼭典靖 神崎由布⼦ 杉崎 泉 岩渕貞太 出演・製作: ⽟川⼤学芸術学部パフォーミング・アーツ学科⽣ 公演会場: ⽟川⼤学 ⼤学3号館 演劇スタジオ
⼩⽥急線「⽟川学園前」下⾞ 北⼝から徒歩15分
⼊場料: 無料・全席⾃由(要予約) 公演⽇時: ⟨全5回公演⟩
2019年7⽉10⽇(⽔)18:30
      11⽇(⽊)18:30
      12⽇(⾦)18:30
      13⽇(⼟)18:30
      14⽇(⽇)13:00
※上演時間は約110分(休憩含む)を予定しております。
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前となります。

公演のチケットは日程によっては予約が予定枚数に達し、受付を終了している場合がございます。
各種SNS等にて、随時情報を掲載しておりますのでご確認ください。

チケット取り扱い: 2019年6⽉17⽇(⽉)16:00より受付開始
電話予約:042-739-8492(PA制作室)【平⽇16時〜20時/⼟13時〜17時】
Web予約:https://stage.corich.jp/troupe/14180/stages
※メールでのご予約は受け付けておりません。
特設サイト: https://pa2019spring.jimdofree.com Facebook: https://www.facebook.com/tamagawaperformance Twitter: https://twitter.com/tamagawa_pa Instagram: https://www.instagram.com/tamagawa_pa

お問い合わせ

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室)
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL/FAX:042-739-8092
E-mail:art.tamagawa.seisaku@gmail.com

個人情報の利用目的について

ご提出いただいた個人情報は、以下の目的に利用いたします。
チケット受付:本公演のチケット予約受付に関する業務
【個人情報に関するお問い合わせ先】
・運用管理者 玉川大学芸術学部長
玉川大学芸術学部演劇研究室 TEL:042-739-8092
・苦情・相談について
本学の個人情報の取り扱いについての苦情・相談は下記の窓口にお問い合わせください。
【個人情報に関する相談窓口】
学校法人玉川学園総務部総務課
TEL : 042-739-8953
FAX : 042-739-8795
E-mail : privacy@tamagawa.ac.jp