サポート・デスク(学修支援)

ラーニング・コモンズ4Fには、文章作成や数理的思考の支援を中心としたサポート・デスク(学修支援)があります。「レポート課題をどう書いたらいいかわからない」、「数学の問題が解けなくてどうしたらよいかわからない」など、学修を進める上で生じる行き詰まりにアドバイスが受けられます。学修支援専任の2名の教員を始め、様々な専門を持つスタッフに質問・相談することができるだけでなく、日々の学修で感じたつまずきや、ちょっとした疑問を大学院生のTA(Teaching Assistant)に聞いてもらうこともできます。その他、レポート・論文の書き方についての講座などを定期的に開講しています。

主な支援内容

学術的文章(レポート・論文)の作法/プレゼンテーションの方法/数学/統計学/英語/会計学

  • 上記以外にも学修全般に関わる内容であれば可能な範囲内で支援します

支援方針

学生の皆さんの主体的な学びを支援します。「取り組んでみたけどどうしてもわからない」「何から取りかかればいいのかわからない」というときに、質問・相談できる場所があることは励みとなるはずです。サポート・デスクでは、一人一人の状況・習熟度に合わせた的確なアドバイスをすることで、皆さんが自らの力で学修を進めるための「足場かけ」をします。決して、すぐに答えがもらえる場所、楽ができる場所ではありません。また、授業にうまくついていけない学生のためだけの場所でもありません。どのような学生でも、訪れればより良い学びへの気づきがある場所を目指しています。
授業のレポート課題は成績評価に大きく関わります。そのため、レポート課題に対する支援の際は、支援の結果、レポート内容がその学生の実力以上のものにならないように注意しています。例えば文章作成の支援では、添削のように直接的・具体的な指導は避けます。学生の考えや表現したいことをよく聞いた上で、必要な知識やスキルを、他の多くの場面でも役立つような一般性の高い形で伝え、皆さんが自ら文章をより良くしていけるような支援を心がけています。

ラーニング・コモンズ 4F

学修支援スタッフ

帆足 哲哉

  • 専門分野:社会教育における子ども・若者への学習・支援の在り方
  • 担当:学術的文章(レポート・論文)の作法・プレゼンテーションの方法
  • 担当曜日・時限:火曜日~金曜日2限~10限
    (水曜日5・6限、木曜日7・8限は授業のため不在)
  • メッセージ:
    あなたが「いいね」と思える大学生活をつくる、手伝いをします。

浅賀 圭祐

  • 専門分野:高等教育論、素粒子物理学
  • 担当:学術的文章(レポート・論文)の作法・プレゼンテーションの方法/数学/統計学/物理学
  • 担当曜日・時限:月曜日~木曜日2限~10限
  • メッセージ:
    文章の作法から理系基礎科目まで、文系・理系問わず幅広く支援します!

倉持 長子

  • 専門分野:日本の文学(主に中古・中世文学、能楽)
  • 担当:学術的文章(レポート・論文)の作法・プレゼンテーションの方法
  • 担当曜日・時限:月曜日・土曜日3限~8限
  • メッセージ:
    学びの道の伴走者として、皆さんのレポート・プレゼン・ディベートを全力でサポートします!

岡田 直丈

  • 専門分野:キリスト教思想(特に波多野精一)
  • 担当:学術的文章(レポート・論文)の作法・プレゼンテーションの方法
  • 担当曜日・時限:水曜日4限~6限・木曜日4限~8限
  • メッセージ:
    本職はプロテスタント教会の牧師です。好きな諺は「人間万事塞翁が馬」。全人教育の理念に共感しつつ、皆さんをサポートしていきたいと思います!

磯部 悠紀子

  • 専門分野:哲学・倫理学(西洋近現代)、フランス語
  • 担当:学術的文章(レポート・論文)の作法・プレゼンテーションの方法
  • 担当曜日・時限:金曜日・土曜日 3限~8限
  • メッセージ:
    皆さんの学びに真摯に向き合います。どうぞ気軽に声をかけてくださいね。

古屋 あい子

  • 専門分野:外国語教育学
  • 担当:英語
  • 担当曜日・時限:月曜日4限~7限・水曜日3限~6限
  • メッセージ:
    自分自身の英語学習経験と留学経験、さらに外国語教育学の知識を生かして、英語力を伸ばすお手伝いをします。

谷津 愛美

  • 担当:会計学
  • 担当曜日・時限:火曜日・金曜日5限~9限
  • メッセージ:
    要点をわかりやすくバッチリ&しっかり教えます。会計学や財務会計の授業フォローのほか、簿記検定やBATIC対策もOK!どんな些細なことでも、気軽に相談してくださいね。

学修支援時間割表<春学期>