玉川大学FD活動

大学FD活動

FDとはファカルティ・ディベロップメントの略で、個々の教員の教育内容や方法の改善及び向上のため、全学的にあるいは学部・学科全体で、それぞれの大学等の理念・目標や教育内容・方法についての組織的な研究・研修の取組を総称しています。その意味するところは極めて広範囲にわたりますが、具体例としては、学生による授業評価アンケートの実施、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催などを挙げることができます。

玉川大学におけるFD活動の取り組み

本学では、教員の教育研究活動の向上・能力開発に関して恒常的に検討を行い、その質的充実を図ることを目的として、大学FD委員会を設置し、全学的な活動を推進しています。
特に、平成26年度以降は文部科学省の教育再生加速プログラム(AP)の採択を受け、アクティブ・ラーニングやルーブリック等に関する講演会やワークショップを開催し、アクティブ・ラーニングの推進と学生の学修成果の可視化に努めています。
ここにその活動内容と、「学生による授業評価アンケート」の結果を掲載します。

お問い合わせ

大学FD委員会
玉川大学 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
事務担当 教学部 教務課
e-mail:daigakufd@eve.tamagawa.ac.jp