10月5日「ユネスコスクール関東ブロック大会 2019」開催のご案内

2019.10.02

SDGs達成に向けて教育の役割に期待が高まる中、今ユネスコスクールにできることは何でしょうか。
本大会では、最新の教育動向や知見、優れた実践の共有を行うとともに、関東圏のユネスコスク ール関係者間の情報交換・交流を促進し、地域ネットワ ークの構築と発展を目指します。
持続可能な社会の実現への道を共に歩む仲間を増やし、ユネスコスクールの存在価値を一緒に考えていきましょう。
多くの皆さまのこ来場をお待ちしております。

ユネスコスクール関東ブロック大会 2019

(文部科学省委託:平成31(2019)年度日本/ユネスコパートナーシップ事業)

日時
2019年10月5日(土)10:00~17:00 [9:20受付開始]
会場
玉川大学 大学教育棟 2014、参加費無料
主催
玉川大学
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
共催
東海大学、創価大学、成蹊大学
神奈川県ユネスコスクール連絡協議会
後援(予定)
ユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)
ESD活動支援センター
NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟ほか

プログラム

10:00  開会式
10:30

基調講演「APCEIU の役割と韓国におけるユネスコスクールの地域連携」
講師: UNESCO アジア太平洋国際理解教育センタ ー (APCEIU) 所長林賢黙(リム・ヒュンムク)氏
11:00
11:45
パネルディスカッション「ASPUnivNet としてのユネスコスクール支援」
モデレーター:ACCU
パネリスト:玉川大学、東海大学、創価大学、成蹊大学
ガイダンス『ASPnet Guide for Members』について
説明:ACCU
12:00  昼食休憩
13:30

  • (A)
    『演劇で「平和のとりで」を築<』(創価大学)
    概要/演劇を用いたいじめ防止の取組みから、ユネスコ憲章の理念に迫る
  • (B)
    『小学生と気候変動を学ぶ南極・北極教室』(成蹊大学)
    概要/模擬授業、グループ学習、そして気候変動理解・教育に関する意見交換
  • (C)
    『持続可能なユネスコスクール活動と地域連携』 (ACCU、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会)
    概要/ユネスコスクールの運営を持続可能にする地域連携のキーポイントとは?
  • (D)
    『「挨拶の仕方」から体験する世界の文化』(東海大学)
    概要/お辞儀は珍しい挨拶?教養としての握手やキス、ハグの仕方とは?
  • (E)
    『地球市民教育 (GCED) とユネスコスクール海外連携』(玉川大学)
    概要/地球市民教育(GCED)に着目し、ユネスコスクールの海外連携の可能性と課題を考える
15:30  移動、休憩
16:00

モデレータ ー : ACCU 参与 渡辺一雄
分科会報告
閉会式
17:00  閉会

お問い合わせ

公益財団法人 ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)教育協力部
担当:藤本、大類
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町l-32-7F 出版クラブビル
TEL 03-5577-2852 / FAX 03-5577-2854
Email education@accu.or.jp

PDFファイルについて

GetAdobeReader

PDFファイルはコンピューターのOSやソフトを問わず、表示、閲覧、印刷できるファイルです。玉川のホームページでは、文章量の多いページに多く使用しています。PDFファイルをご覧になるには、無償配布のAdobe® Reader®をダウンロードしてください。