【速報】玉川大学ダンスドリルチームJULIAS「第21回全日本チアダンス選手権大会・第19回全日本学生チアダンス選手権大会」で部門優勝に輝く!

2021.12.13

玉川大学ダンスドリルチームJULIAS(ジュリアス)は、2021年12月12日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「第21回全日本チアダンス選手権大会・第19回全日本学生チアダンス選手権大会」にCheer Dance、Hip Hop、Pomの3部門の⼤学⽣編成で出場し、Cheer Dance、Hip Hop部門で見事部門優勝を果たしました。Cheer Dance部門での優勝は2018年から4年連続で、毎日新聞社賞も同時受賞しました。Hip Hop部門の優勝は今大会が初となります。

CheerDance部門 1列目左から5番目が主将の田島さん

「4年生16人がチアスピリットに溢れていて、それぞれのチームを引っ張ってくれたこと、そして出場しないメンバーが全力でサポートしてくれたことが大きな力となりました」と振り返る中島乃里枝コーチ。コロナ禍で練習時間は限られていましたが、4年生は常にポジティブマインドで取り組みました。そして、Cheer Dance部門に出場した主将で教育学部4年の田島絹さんは「今年度、JULIASは『愛』をテーマに愛のある行動を心がけ、言葉通りのチームとなって大会に臨むことができました。このチームの結束力が今回の結果につながったと思っています。誇れるチームです」と喜びを語ってくれました。

HipHop部門

「チームができるまでの道のりは、決して簡単ではありませんでした。‟なりたいチームのカタチ“が描けずにつまずくこともありましたが、いつの間にか支え合うだけでなく、愛のある厳しい意見も言い合える強いチームへと成長していきました。そして大会終了後、コーチ陣から『記憶に残る演技』と評価してもらい、コーチの先生方をはじめ、これまで支えてくださった方々に演技で感謝の気持ちを伝えることができたことは、主将として何よりもうれしかったです」とチーム結成から今日までを田島さんは振り返ってくれました。

Pom部門大学生Large編成

それぞれが担う役割の中で輝きを放ち、部員73人が一丸となって臨んだ大会となりました。玉川大学ダンスドリルチームJULIASの挑戦は続きます。これからも応援よろしくお願いいたします。

  • 毎日新聞賞…同大会(高校生、大学生、一般編成)のチアダンス部門の最高得点を獲得したチームに授与される賞。

「第21回全日本チアダンス選手権大会・第19回全日本学生チアダンス選手権大会」 出場部門・成績

  • CheerDance部門大学生編成 第1位 ※毎日新聞社賞受賞
  • HipHop部門大学生編成 第1位
  • Pom部門大学生Large編成 第4位