「2019年 玉川大学 教師教育フォーラム」を10月27日(日)に開催

2019.10.08

教師教育の重要性が問われる昨今、メインテーマに『養成・採用・研修の一体的改革を踏まえた、教職課程の質保証』を掲げ、教師教育リサーチセンターと教職大学院とが共催して開催します。
午前の部では、養成・採用・研修の一体的改革の方向性を確認し、各教育委員会の取り組み、養成大学への期待等に耳を傾け、午後からは具体的な方策につき分科会を行います。質の高い教員養成に向けた大学の取り組みや役割について、本フォーラムを通して皆様の考える機会にしたいと思います。
なお、今回は、玉川学園創立90周年及び、「養成・採用・研修の一体的改革」を担う中核拠点でもある独立行政法人教職員支援機構玉川大学センターとしての機能を持つこととなったことを記念しての開催とします。

参加申し込み

<受付中>

開催日時

  • 2019年10月27日(日)
    【Ⅰ】10:00~12:30 講演
    【Ⅱ】13:00~15:30(予定) 分科会(道徳教育、プログラミング教育)

会場

大学教育棟 2014

当日プログラム

【Ⅰ】講演・リレー講演  10:00~12:30

10:00~10:30|講演 「養成・採用・研修の一体的改革の方向性」
 髙岡信也 氏(独立行政法人教職員支援機構理事長)
10:30~12:30|リレー講演 「養成・採用・研修の一体的改革に向けた玉川大学の取り組み」
 森山賢一(教育学部教授/教師教育リサーチセンターフェロー)

「養成・採用・研修の一体的改革に向けた教育委員会の取り組みと 養成大学への期待」
 ◆東京都教職員研修センター 研修部長 石田 周 氏
 ◆神奈川県立総合教育センター 所長 田中俊穂 氏
 ◆横浜市教育委員会事務局教職員人事部教職員育成課長 山本朝彦 氏
 ◆川崎市総合教育センター 所長 小松典子 氏

「養成・採用・研修の一体的改革に向けた養成大学の役割」
 小原芳明(玉川大学長)

【Ⅱ】分科会  13:00~15:30(予定)

1.道徳教育

道徳科の充実に向けた課題とその克服
―2018年度「かながわ学びづくり推進地域研究委託事業」の取組を手がかりとして―

〈シンポジスト〉

  • 教育委員会の立場から
    神奈川県教育委員会教育局支援部子ども教育支援課指導主事 安齋友貴 氏
  • 学校現場の立場から
    葉山町立長柄小学校校長 岡部厚子 氏
    葉山町立長柄小学校教諭 野崎良惠 氏

〈指定討論者〉

  • かながわ学びづくり推進地域研究委託事業の理念とあるべき姿について
    玉川大学大学院教育学研究科 教授/神奈川県教育委員会教育委員
    笠原陽子
  • 道徳科の充実に向けた課題の克服の可能性について―アクティブ道徳の視点から―
    玉川大学TAPセンター長/教育学部 教授 工藤 亘

〈モデレーター〉

  • 玉川大学大学院教育学研究科 教授 山口圭介
2.プログラミング教育

小学校プログラミング教育必修化に向けて

〈ゲストスピーカー〉

  • 文部科学省初等中等教育局教育課程課 情報教育・外国語教育課 教科調査官
    国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部 教育課程調査官
    上野耕史 氏
  • 相模原市教育委員会教育局学校教育部教育センター 学習情報班 指導主事
    渡邊茂一 氏

〈コーディネーター〉

  • 玉川大学大学院教育学研究科 教授 佐藤 修
  • 昼食について
    当日は学内での食堂営業はありません。

主催

玉川大学教師教育リサーチセンター

共催

教育学研究科 教職大学院

お問い合わせ先

玉川大学教師教育リサーチセンター