玉川大学・玉川学園Webサイト
IEサポート終了のお知らせ

玉川大学・玉川学園webサイトTOPページリニューアルに伴い、Microsoft 社の Internet Explorer(以下、IE)のサポートを終了いたしました。本学園が運営するサイトをIEで閲覧した場合正しく表示されない恐れがございます。
皆様にはご不便をおかけしますが、別のブラウザを利用しての閲覧をお願いいたします。

全人最新号目次&バックナンバー



月刊全人ZENJIN(A4判36ページ、オールカラー)

『全人』は玉川の教育をつたえる広報誌。毎号、「科学」「環境」「就活」「音楽」「家族」など、ひとつのテーマを特集して編集。特集には話題の研究者や作家のインタビューや寄稿を掲載し、教育現場の今と社会の接点を探ります。連載では、K-12、大学、通信教育の動向をお届けし、行事やニュースも報告。教員によるブックレビューや学生生徒のリアルな声なども載せ、読みごたえ十分です。

2024年2月号 No.890

2022年の紛争死者数は今世紀最悪と言われています。ロシアのウクライナ侵攻、イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘、中東やアフリカ諸国の内戦など、各地で紛争がつづく今、私たちにできることは何でしょうか。巻頭特集では「戦争をどう学ぶか」と題して、シリア難民を取材するフォトグラファー 小松由佳さんのインタビュー、K-12生徒×教員、学生×教員による2つの座談会、元駐ウクライナ特命全権大使 角茂樹教授による論考などから考えます。「玉川の先輩を訪ねて」は元ラグビー日本代表で、ラグビーパークジャパン代表の川合レオさん。内発的動機を尊重する“玉川のラグビー”で培った学びを振り返ります。「研究室訪問」は経営学部の大西清彦教授。研究テーマとする国際会計や、会計制度を英語で学ぶ意義などを語ります。
表紙写真=岩崎美里

  • 2008年よりシリアの取材を始め、2011年からはシリア難民の取材を続けている小松さん。写真は内戦でトルコに逃れた家族。5歳の次男を空爆で亡くし、母親は片足を失い義足で生活している

    シリアの人々を駆り立てたのは、10年から12年にかけて中東や北アフリカで起きた大規模反政府運動「アラブの春」と言われています。チュニジアやエジプト、リビアなどのアラブ諸国で次々に独裁政権が崩壊し、民主化へと動いた大きな波がシリアにも押し寄せました。
    しかし、シリア国民の希望とは裏腹に多くの人が住む場所も家族も失って難民となり、隣国のトルコやヨーロッパ諸国へ逃れました。その数、約670万人。国民の人口約2,240万人の4分の1にあたります。これに国内の避難民約800万人を合わせると、シリアの人口の実に半数以上が今なお困難な生活を強いられています(22年時点)。シリア内戦は「今世紀最悪の人道危機」として世界中に報じられましたが、今では報道が減り日本でも関心が薄れています。
    報道されることだけが全てではない。目に見えない世界の出来事に目を向け、考え続けることが大切だと信じ、私はシリア難民の取材を続けています。

    戦争と日常の狭間で「平和」とは何かを考える
    小松由佳 フォトグラファー p4

  • 小中学生対象のラグビー教室、ラグビーパークジャパンでコーチとして指導にあたる川合さん。自身の経験をもとに、子どもたちがラグビーを通して健全な心身を育むよう見守っている

    ラグビーは、多様性を受け入れざるを得ない競技です。小柄な人、背が高い人、体の大きな人などさまざまな個性が活躍するポジションがあり、プレイヤーは互いの良さをちゃんと理解している。もちろん国籍も関係ない。異なるスキルを持っている者が集まるからこそ、チームとしての力を発揮するんです。
    ラグビーパークジャパン設立後、日本代表のヘッドコーチであるエディ・ジョーンズ氏の下で、日本代表候補選手が集まるナショナルチームのコーチを務めました。それをきっかけに、その後も日本ラグビー協会でラグビーの普及活動にも従事するようになりました。
    10 代、20代はプレイヤー、30代はコーチ、40代前半でコーチのコーチとなり、現在は、ラグビーパークの活動と並行して、日本ラグビー協会でコーチ養成を担当する部門の部門長をしています。ここまでラグビーとともに歩んで来られたのは、できなかったことができるようになることを楽しむという内発的な動機が原動力にあるからだと思います。このマインドは玉川で身につけたものです。

    玉川の先輩を訪ねて 96
    元ラグビー日本代表、ラグビーパークジャパン代表 川合レオ
    【文学部教育学科1997年卒業】 p22

目次

  • [特集]戦争をどう学ぶか
     interview
      戦争と日常の狭間で「平和」とは何かを考える
      小松由佳 フォトグラファー
     K-12社会科 有光正哉教諭 × 生徒 座談会
     「どこか遠い国のお話」で終わらせない
     観光学部 佐々木弘志講師 × 学生 座談会
     「難民支援」からとらえる戦争
     MMRC司書教諭が選ぶ「戦争」を知るための本
     ロシアのウクライナ侵攻を考える視点
      玉川大学客員教授・元駐ウクライナ特命全権大使 角 茂樹
  • TAMAGAWA GAKUEN NEWS
  • CAMPUS TOPICS 玉川大学音楽祭・クリスマス礼拝
  • CAMPUS TOPICS 玉川学園音楽祭 Primary Division Music Festival 2023
  • 玉川の先輩を訪ねて 96
    元ラグビー日本代表、ラグビーパークジャパン代表
    川合レオ 【文学部教育学科1997年卒業】
  • 史料は語る 16 「玉川学園小学部 表札板」…白柳弘幸
  • 教育探訪 29 PISAとの距離感…中西 茂
  • 研究室訪問 29 経営学部 大西清彦
  • キャリアナビゲーション’23
    皇宮警察本部 坂下護衛署 佐々木渚沙さん+就活Q&A
  • 学園日誌…小原芳明
  • Book Review 220 『TUGUMI つぐみ』…堀金秀和
  • 教育博物館館蔵資料紹介 372
    『演奏会プログラム 第434回NHK交響楽団定期公演』…栗林あかね
  • 玉川の仲間たち 「コオニヤンマ」…横倉 啓
  • 2024.02.15
    『全人』2024年1月号 No.889より

    幼稚部は年少うさぎ・りす組(3、4歳)、年中こあら・ひつじ組(4、5歳)、年中しか・きりん組(5、6歳)の、3学年6クラスで保育を行っています。遊び場は、園庭や経塚山、さらにキャンパスの外に。幼稚部のとある1日に迫ります。卒園後も活躍する生徒たちのインタビューも収録しています。4年ぶりの通常開催が実現した「玉川大学コスモス祭2023」を4ページで紹介。「研究室訪問」にはロボット工学を研究する工学部の水地良明講師が登場。「EDUCATION REPORT」ではK-12探究学習研究会の模様を報告します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2024.01.15
    『全人』2023年12月号 No.888より

    2022年度に玉川のキャンパスから排出されたごみ・資源の総量は約184トン。資源に再生されたものが約139トン。残りの約45トンも、さまざまなプロセスを経て、資源化が図られています。どうすればごみの量を減らしていけるでしょうか。巻頭の「身近な資源」特集では、ごみ削減をめざす玉川の挑戦やK-12の活動などを報告。ごみ清掃員兼お笑い芸人のマシンガンズ 滝沢秀一さんのインタビューや、伊藤信太郎環境大臣からのメッセージも収録しています。「生涯学べ」は茨城県立石岡特別支援学校で指導する櫻井登志子教諭。第95回を迎えた「体育祭」の模様は、児童・生徒・学生の作文と写真で紹介します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.12.15
    『全人』2023年11月号 No.887より

    「私の愛読書」特集では、玉川学園・玉川大学の教員が選んだ推薦図書を紹介。巻頭インタビューでは、ノンフィクション作家の稲泉連さんに、影響を受けたノンフィクションの傑作やこれまでの読書体験などをうかがいました。「EDUCATION REPORT」はパートナーシップ契約を結ぶNBAワシントン・ウィザーズの関係者が実施したバスケットボールとダンスのクリニックについて報告。「EVENT REPORT」では創立者小原國芳の故郷である南さつま市と包括連携協定締結10周年を祝した記念事業や行事の模様をお届けします。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.11.15
    『全人』2023年10月号 No.886より

    特集のテーマは「伝統を継ぐ」。伝統とは“ある民族や社会・団体が長い歴史を通じて培い、伝えてきた信仰・風習・制度・思想・学問・芸術など。特にそれらの中心をなす精神的在り方”と定義されています(岩波書店『広辞苑』)。有形無形の教えを継ぎ、日本の文化や産業をにない、社会の第一線で活躍する6人の先輩に話をうかがいました。「実践レポート」ではPrimary Division5年生のサマープログラムを紹介。大学と連携し、ホンモノに触れる体験型のプログラムづくりに携わった河野峻平教諭が報告します。「生涯学べ」には、トヨタ産業技術記念館館長の大洞和彦さんが登場。「脳科学相談室」の回答者は鮫島和行教授。早期教育の効能などを考察します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.10.13
    『全人』2023年9月号 No.885より

    くらしのあらゆる場面でAI(人工知能)に代表されるテクノロジーの社会実装が進んでいます。私たちの当たり前がどう変わり、テクノロジーと人間は今後どのような関係を結ぶのでしょうか。「テクノロジーと人間」特集では、哲学者の野矢茂樹教授をはじめ、本学教員にその手がかりをうかがいました。今号より始まった「先生の横顔」は教員の意外な一面に迫る新連載。初回は全日本杖道大会で二連覇を成し遂げたK-12の矢崎貴紀教諭が登場します。「EDUCATION REPORT」では6~12年生が学年ごとに合唱を披露する玉川学園音楽祭を報告。「研究エッセイ」ではキャンパスでみられる野鳥の観察と記録に取り組む農学部田淵俊人教授が、季節別でみられる野鳥や観察スポットを紹介します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.09.15
    『全人』2023年7/8月号 No.884より

    玉川学園Primary Division(1〜5年生)とSecondary Program Division(6〜12年生)における国語科の学びを特集します。生涯にわたって生きる国語力をどう育んでいるのか、指導教員にうかがいました。さらに幼稚部、IB Programs Division(6〜12年生)の実践、国語科教員を養成する文学部国語教育学科の取り組みも紹介します。講演抄録は、国内外で活躍する演出家で卒業生の宮本亞門氏をお招きした特別公開講座「人生二度なし!」をお届けします。「玉川の先輩を訪ねて」ではモーションキャプチャの分野で起業した、アキュイティー株式会社 代表取締役CEO兼CTOの佐藤眞平さん(文学部教育学科1997年卒業)が登場。大学時代から会社を立ち上げるまでの足跡をうかがいました。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.07.14
    『全人』2023年6月号 No.883より

    創立期より労作の一環として養蜂が行われていた玉川学園。食料難の戦後を迎え、岡田一次教授の農学部着任後の1950年から玉川大学のミツバチ研究は始まりました。巻頭の「ミツバチを知る」では、玉川大学学術研究所 ミツバチ科学研究センターの紹介、ミツバチの生態やその仲間、教育への活用、農業や景観にもたらす恩恵などをテーマに、最新研究の成果報告とあわせて特集します。「研究エッセイ」は「歴史をテーマにフィールドワークで観察力と洞察力を鍛える」と題して、教育学部 濵田英毅教授がゼミや授業での実践を紹介。「研究室訪問」は、観光による地域活性化の研究に携わる観光学部 谷脇茂樹准教授が登場します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.06.15
    『全人』2023年5月号 No.882より

    教育信条に「国際交流」を掲げ、創立期より世界各国の人々や学校間の交流を大切にしてきた玉川では、海外の児童生徒学生と交流し、体験を通して学ぶプログラムを数多く設けています。新年度最初の5月号では、海外提携校や研修・留学プログラムの紹介、国際交流のあゆみなどを特集。副学園長・副学長の小原一仁教授と文学部の小田眞幸教授による対談も収録しています。ひさびさに対面開催が実現した2022年度「玉川学園展・ペガサス祭」を報告。「研究エッセイ」は“STREAM Hall 2019 メーカーズフロアの試み”と題して、工学部 平社和也講師が携わったものづくりを支援する工夫と実践などを振り返ります。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.05.15
    『全人』2023年4月号 No.881より

    2022年度は多くの学校行事が3年ぶりに対面で開催されました。教育研究活動やクラブ・委員会などの課外活動、海外留学や研修なども再開となり、キャンパスはコロナ禍前の日常に戻りつつあります。4月号では22年度に輝かしい成果をおさめた児童生徒学生、そして先輩たちの活躍を特集します。「玉川の先輩を訪ねて」は高等部1992年の卒業生で茶道家として活躍する味岡宗靖さんが登場。「EDUCATION REPORT」では志賀高原で行われた7年生、8年生のハンネス・シュナイダー スキー学校の模様を報告します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.04.15
    『全人』2023年3月号 No.880より

    多摩丘陵のゆるやかな勾配と、住宅地と農耕地が近接した里山に面積約61万平方メートルのキャンパスを有する玉川学園。巻頭の「丘に学ぶ」特集では、玉川の丘で展開されるK-12・大学の教育活動を取り上げました。丘のいきものたち、丘から見える山並み、玉川の桜も紹介しています。「実践レポート」では玉川学園オーケストラ部が2010年から取り組んでいる、北海道・東北での訪問演奏活動を顧問をつとめる鈴木孝春教諭がふりかえりました。「研究室訪問」には小売りマーケティングを研究する、経営学部の矢野尚幸准教授が登場します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.03.15
    『全人』2023年2月号 No.879より

    玉川と第九の関係は、1936年オリムピック蹴球選手送別演奏会における第九合唱に生徒が参加したことから始まりました。2022年12月20日、コロナ禍の中断をへて3年ぶりに対面で開催された、大学1年生による「音楽祭」を特集。学内各所に分散しての練習風景のレポートと、指導教員、学生のインタビューをお届けします。つづいて22年12月1、2日に開催されたPrimary Divisionの「K-5音楽祭」を写真とともに伝えます。「RESEACH REPORT」は、イデア書院設立100周年&児童百科辞典刊行90周年記念講演会を報告。講演抄録「日本スポーツの未来と展望」にはスポーツ庁の室伏広治長官が登場。スポーツ行政のトップとして、元アスリートとして、教育学部保健体育専攻の学生たちに語りかけたメッセージを収録しました。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.02.15
    『全人』2023年1月号 No.878より

    金融、製造、農林漁業、物流、医療など、生活に身近な多くの分野で人工知能(AI)の導入が進んでいます。AI技術がより拡大・浸透する未来をみすえて、玉川大学が2021年度にスタートさせた「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」を特集。担当教員と学生のインタビューにくわえて、「保育」「農業」「計算知能」「心理学」の分野で、データを活用した本学教員の研究内容を解説します。3年ぶりに対面で開催された「玉川大学コスモス祭2022」を写真で振り返るとともに、2021年度につづいて開催され、最先端のフルコンサートグランドピアノが披露された「奏學祭2022」を紹介します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2023.01.15
    『全人』2022年12月号 No.877より

    1922(大正11)年、玉川学園創立者の小原國芳が東京市牛込區山伏町(現新宿区)に創設したイデア書院を特集します。1919年より成城小學校で新教育を実践するとともに、学校経営を支え、良書を届ける社会貢献として興したイデア書院創設100年を記念して、玉川大学出版部へと継承された出版事業と、玉川学園・玉川大学の歴史を振り返ります。「研究エッセイ」はK-12 森研堂教諭、矢崎貴紀教諭が「高大連携を深める『理数探究』」と題し、2022年度より始まった連携授業を紹介。教育学部 杉山倫也教授は2021年6月に召天された恩師を偲び、「玉川の全人教育と土山牧民先生」を寄稿。幼稚部から大学生までが一堂に会した「第94回体育祭」の模様は、児童生徒学生の作文と写真で紹介します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.12.15
    『全人』2022年11月号 No.876より

    有数の「森林資源大国」日本。国産木材は高温多湿の気候に適して、美しく、耐久性に優れた建築資材との再評価を受け、近年は木材自給率が上昇中。脱炭素社会の実現を掲げる国の後押しもあり、国産木材の活用が注目を集めています。玉川学園が2022年度にスタートさせた、玉川産木材Tama Treeを活用する「Tamagawa Mokurin Project」。教育活用の実践や関連施設を特集します。「EDUCATION REPORT」ではK-12ラグビー部・サッカー部が今夏取り組んだ合同合宿を、「ALUMNI REPORT」では卒業生が参加した礼拝堂外壁化粧労作を報告します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.11.15
    『全人』2022年10月号 No.875より

    「歌に始まり歌に終わる」と形容されるほど、玉川学園には生活の中に歌が根づいています。校歌や礼拝での讃美歌をはじめ、歌集『愛吟集』におさまる数々の歌をたがいに響かせ合う毎日の生活こそが、大きな舞台で輝くための基盤となります。音楽祭は長きにわたって大切につづけられてきた学園行事のひとつ。3年ぶりに観客を入れてのホール開催が実現した6〜12年生の音楽祭を特集します。「EDUCATION REPORT」は3年ぶりに実施された3、4、6年生の林間学校の模様を報告。「研究室訪問」には舞台美術家であり、劇空間デザインを研究する芸術学部 二村周作教授が登場。「史料は語る」では、学術研究所 白柳弘幸特別研究員が「玉川っ子」と書かれた色紙を取り上げ、創立者小原國芳がこめたメッセージなどを紹介します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.10.14
    『全人』2022年9月号 No.874より

    玉川学園9年生(中3)の必修科目「学びの技」は、教育12信条に掲げる「自学自律」「学的根拠に立てる教育」「労作教育」などの伝統を礎に、教員が開発した独自の探究学習です。学校図書館を活用した手法や仕組みを、教員や生徒のインタビューとともに紹介します。「TAMAGAWA’S PAST and PRESENT」で今年5月、千葉工業大学に史料を寄贈した経緯と、両校の歴史などを振り返ります。「実践レポート」ではアーティスト・イン・レジデンスで玉川に滞在し、作品制作に取り組んだアーティスト、パスカル・ウェーバー氏の活動を芸術学部 中島千絵教授が報告。翻訳家 松岡和子氏を迎えた特別公開講座「シェイクスピアって面白い?」の抄録を掲載しています。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.09.15
    『全人』2022年7/8月号 No.873より

    「真・善・美・聖・健・富」の6つの価値を調和的な創造を教育の理想に掲げる玉川学園・玉川大学では、心身をバランスよく育む健康教育=「健」の教育を重視し、教科学習や課外活動、体育祭などの行事や日々の生活の中に、デンマーク体操やスキー教育などを取り入れました。創立者小原國芳の言葉が、アスリート人生に影響を与えたと語るスポーツ庁長官室伏広治氏の巻頭インタビューにつづいて、「健」の教育を実践する体育科教員をはじめ、生徒・学生にも話を聞きました。「EDUCATION REPORT」では体育会・文化会などのクラブが初めて取り組んだ「課外活動合同説明会」の様子を紹介。学術研究所 白柳弘幸特別研究員が創立者ゆかりの品々を語る新連載「史料は語る」がスタート。英語による解説も併記しています。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.07.15
    『全人』2022年6月号 No.872より

    玉川大学は、学びのフィールドを学外に広げた“地域・社会連携”に取り組んでいます。巻頭の「地域にかかわる」特集では、東京スリバチ学会会長 皆川典久さんのインタビューにつづいて、教育学部、リベラルアーツ学部、観光学部、芸術学部の実践などを紹介。「玉川の先輩を訪ねて」は演劇の街・下北沢にある本多劇場グループの総支配人をつとめる本多愼一郎さん(高等部1994年卒)に話をうかがいました。「EDUCATION REPORT」は観光学部の学生が企画し、実現させた「ASEANオンライン料理教室の旅」を報告。「研究室訪問」は2021年度から経営学部で指導する田中美和准教授が登場します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.06.15
    『全人』2022年5月号 No.871より

    2022年4月、玉川学園は93回目の創立記念日を迎えました。新年度号のテーマは「これからの玉川」。巻頭では小原芳明学長・学園長と異分野融合のESTEAM教育を担う若手教職員による座談会「分野を超えた学びを実現するために」を収録しています。つづいてK-12・大学の取り組みのほか、新しい大体育館・屋内プールの建設計画など、創立100周年にむけたキャンパス整備の進捗などを報告。「EDUCATION REPORT」は2本立てで、オンラインの同日開催となったK-12の「玉川学園展・ペガサス祭」と、貝印株式会社と連携した「7年生 技術・家庭科特別授業」を紹介。連載開始から12回目となる「研究室訪問」には、文学部 冨士池優美教授が登場します。
    表紙写真=岩崎美里

  • 2022.05.15
    『全人』2022年4月号 No.870より

    生き方、価値観が多様化した現代、子ども一人ひとりの個性が等しく尊重され、親子でともに健やかでいるために、親にできることとは。社会や学校はどうあるべきか。巻頭の「親子をかんがえる」特集では、保育者・教員養成に携わる教育学部の教員にさまざまな視点から「親子」について語っていただきました。「玉川の先輩を訪ねて」には、作家・ゲーム実況者として活躍する賽助さん(文学部芸術学科2003年卒業)が登場。演劇からコント、ゲーム実況、作家活動へと表現手段を広げるきっかけや思いなどをうかがいました。「EDUCATION REPORT」は芸術学部芸術教育学科 卒業プロジェクト2022を、「RESEARCH REPORT」はHuman Brain Science Hall 竣功記念講演会を報告しています。
    表紙写真=岩崎美里

シェアする